災害時の不安から、オール電化住宅に京セラの太陽光発電パネルを設置

スポンサーリンク

滋賀県のソーラーパネル

スポンサーリンク

琵琶湖で有名な滋賀県に住んでいます。家族構成は43歳の主人、30歳の私、5歳と1歳の子ども、それに75歳の主人の母も一緒に住んでいるので、3世帯5人家族です。太陽光発電パネルを取り付けたきっかけは、家を建てた住宅メーカーからリフォームやソーラーパネルに関するパンフレットが届いたことでした。

太陽光発電パネルがあれば災害時も安心!電気代云々より、もしもの備えになる

以前より、太陽光発電に興味があり、買い物で立ち寄ったスーパーに太陽光発電の説明ブースがあったら、お話を聞いたり、自分でどんなメーカーがあるのか調べたりしていました。我が家はオール電化住宅なので、東日本大震災のような災害がもし起こったら、電気が使えないと生活ができなくなると不安に思っていました。

そこで、ハウスメーカーの担当者の方に来ていただいて、疑問に思っていることや設置のメリットやデメリットを尋ね、見積りなどしてもらいました。太陽光発電パネルは普及が進む一方で手抜き工事が行われたり、自分で確認できない屋根の上での工事なので、業者選びは注意が必要だという記事を新聞で読んだことがあります。

知らない業者だったら不安に思っていたので、お話に来ていただいたハウスメーカーで工事することに決めました。電気代が安くなる、元が取れるかどうかよりも、災害時のためというのが一番の理由です。

太陽光発電パネルを設置し、電気の使用状況がわかるので家族で節約

京セラの太陽光モニター

自分たちが建てたハウスメーカーでもあるので、なんでも聞けた点や、担当者の丁寧な説明が良かったと思います。設置した2013年10月には、地域の補助金制度を使えたことも取り付けた理由の一つです。

太陽光発電パネルのメーカーは、京セラにお願いしました。我が家の屋根の構造上、大きいパネルを何枚も置くのではなく、屋根に合わせて大きいパネルと小さいパネルを組み合わせて置いた方が枚数が置けて、発電量が増えるからというわけで京セラにしました。

設置したソーラーパネルの枚数は33枚、発電量は2.1kWで、かかった金額は100万円ぐらいです。足場の組み立てと設置で、2日間の工事でした。思っていたよりも工事がすぐに終わって驚きました。

スポンサーリンク

設置後、モニターの電源を入れると家で使っている電気量、発電量がkWですぐにわかり、ランプの色が変わって子どもたちは面白がってしょっちゅう見ては赤になった、青になったと言って喜んでいました。モニターは、電気代を節約できているかどうかの目安にもなります。

太陽光発電による売電収入があるものの、電気代を節約するよう努めている

我が家の電気代は、2013年9月が1万円、10月も1万円でした。電気代としては同じくらいですが、そこに発電の売電収入3,200円を差し引くと、10月は6,800円となります。2012年10月は電気代が8,000円であったので、昨年と比べても少なくなっており、太陽光発電をつけた変化が出ています。

1~2月:電気代約2万円、売電額約2,000円
3~5月:電気代約1万2,000円、売電額約4,000円
6~10月:電気代約1万円、売電額約4,000円
11~12月:電気代約1万2,000円、売電額約2,000円

夏の7~8月の売電額が少ないのは、発電している時間に家でエアコンを使用しているため、結果として4,000円の売電額になっているのだと思います。1~2月は雪が降ることが多く、雪が降ると雪解けまでパネルに雪がおおわれることもあり、発電量も少なくなります。

暖房機器はエアコンとホットカーペットを使っており、寒さが厳しい時期は、電気代も高くなります。夏は暑いですが最近は電気代節約のため、買い物やエアコンの効いている図書館に出かけたり、子どもたちは水遊びをさせたりしています。家の中では網戸を開け放し、自然の風で過ごすようにしています。

太陽光発電パネルの電気は、災害時の備えになる自然エネルギー

太陽光発電をつけて、家族で節約に気を付けるようになりました。テレビは主電源から切る、電気はつけたら消す、冷暖房中のドアの開閉は短時間になど、小さいことからコツコツと教えています。主人の母はわかってはいても、なかなか行動に移せません。これからの目標は、主人の母も含め家族みんなで、楽しみながら節約したいです。

メンテナンスにかかった費用は、まだありません。保証期間が10年ありますが、10年後15年後にはメンテナンスが必要になることもあるという話を設置時にしていただいたので、点検がてらみに来てもらおうと思っています。取り付けにかかった費用は工事費とパネル代、それにモーターのカバー代でした。

我が家の場合は発電量が多くないので、何年後にお得になる、元が取れるという話になると、正直20年後、25年後という先の長い話になります。それだけ時間が経って、部品の交換やら修理やらとなったら得というより、損するのではないかと思います。

しかし、夏場に気兼ねなくエアコンをつけられること、もし災害が起きて電気が止まっても日中は生活ができること、太陽という自然の力を使って電気代を安くしていることを考えると、元が取れなくても、少しでも家計の足しになればと思っているので後悔はしていません。高齢者と幼い子どもがいますので、災害時に電気が使えると思えば安心です。

スポンサーリンク

関連記事

ソーラーパネルの設置費用は売電額で賄い、HEMSで節電意識が高まる

夫39歳、 妻31歳、息子3歳の3人家族です。家を建てて2年くらいした頃に、普段からエコ活動に取り組

記事を読む

【ソーラーパネルは8年で元がとれる】売電収入が順調にあり、電気代も安くなる

28歳の夫と29歳の私、娘3人の5人家族です。娘はそれぞれ8歳・5歳・3歳です。ソーラーパネルを購入

記事を読む

【太陽光パネル代の元が取れるか心配】売電価格が下がったら無理かも

旦那は32歳で私は29歳、0歳の子どもが1人います。2年前に新築で一軒家を建てた時、ガス管と太陽光パ

記事を読む

太陽光発電パネルとエコキュートを設置し、安定した売電収入がありお得

78歳の義母、47歳の夫、44歳の妻、10歳の長男、5歳の長女の5人家族です。太陽光発電パネルは、近

記事を読む

太陽光発電の売電額から12年で設置費用の元が取れる見通しだが、心配な点も

58歳の妻と2人で、徳島県に住んでいます。2007年に、両親が所有している敷地の一角にセキス

記事を読む

【ソーラーパネルの設置は正解】デメリットもあるけど、環境に良く節電効果あり

我が家は、37歳の私と46歳の夫、子ども3人の5人家族です。子どもは、10歳の長男、6歳の長女、3歳

記事を読む

発電量にやきもき(>_<)ソーラーパネル設置は日当たり&屋根の形に要注意!

東京都在住の夫婦(主人40歳、私39歳)と、子ども2人(5歳、0歳)の4人家族です。2012年4月に

記事を読む

ソーラーパネル&エネファームのW発電で、月1万1,600円も売電できた!

夫45歳、私41歳、長女11歳、次女11歳、三女6歳の5人家族です。ソーラーパネルを設置したのは、新

記事を読む

太陽光パネル設置で電気代が安くなるも、冬は積雪のため売電価格は月120円

私は43歳で、夫45歳と子ども5歳、夫の父母共に73歳の5人家族で暮らしています。子どもが小さい事も

記事を読む

【ソーラーパネルを8年前に設置】売電収入が毎月あり、家族の節電意識が変化

千葉県在住で、4人家族です。70代の義母と50代の私たち夫婦、20代子どもの3世帯同居です。ソーラー

記事を読む

電気代の節約体験談
旦那手作りの洗濯小屋が大活躍!雨の日も気にせず洗濯物が干せる

我が家は中1女子と小2男子と旦那と私の4人家族です。住まいはオール電化

電気代の節約体験談
電気代をかけない部屋干し対策!洗濯物の湿気取りに新聞紙を活用

25歳の専業主婦です。旦那と息子(生後3ヶ月)、私と猫の4人家族です。

電気代の節約体験談
洗濯物は電気代のかからない浴室換気扇と天井の点検口を使って乾かす♪

彼氏と同棲中の30歳OLです。仕事が忙しいこともあり、洗濯は夜や休日に

ソーラーパネル取り付け後に知った事実!夏は日差しが強すぎて売電額が少ない

ソーラーパネルを取り付けて3年です。取り付ける前は、新築でははないし設

【ソーラーパネル設置で売電を意識】電気の増減がみえるモニターで節電意欲アップ

千葉県佐倉市在住です。家族は40代夫婦と子ども1人(小学校低学年)で、

→もっと見る

PAGE TOP ↑